久しぶりのヘイズ

マレーシアには2014年の10月に赴任してきたけれど、それ以来最大規模のヘイズを体験中。
マレーシアではヘイズは大体4月~10月にかけてインドネシアで行われる焼畑が原因で発生する。去年赴任したのはヘイズの季節も終わりかけのころで、それに加えて連日のように夕方は雨が降っていたのでほとんどヘイズはみられなかった。

今年に入ってからもちょっとどんよりしているというのはあったけど、煙くさいにおいまで感じたのは今日が初めて。

Haze

いつもはビルの向こうに山が見えるのだけどまったく見えない。雷雲のせいで視界がまったく利かないというのは何度かあるけど、こんなにひどいヘイズははじめて。

ヘイズの度合いはAir Pollution Index(API)という数値であらされていて

API_level

100を超えると注意が必要というレベルになるが、昨日から100を超えているの黄色ゾーン。
屋外活動はなるべく控えましょうという感じでこれが赤色のゾーンになると子供とかは外出禁止になる。

健康な人でも眼がかゆいとか鼻水がでるとか花粉症に似た症状がでるようで、ご多分にもれず私も眼がかゆくてたまらない…
パラグライダーは自然を楽しむというのが醍醐味のスポーツだからこんな状況では飛びたい気持ちは全然起きないので、早いところヘイズの季節がおわってほしいものだ。

カテゴリー: ライセンス取得まで - マレーシア, 視程 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)