自分の機体を買わなくては

3月にStudent Pilot Courseを受講してもう一ヶ月がたってしまいました。4月初めには家族がマレーシアに移ってきたのでバタバタとしていたのと、私の都合がついてもインストラクターの都合がつかないなどで、次のフライトがなかなか決まりません・・・
こういうところは日本のスクールのようにとりあえず週末なら誰かしらインストラクターの方がいて教えてくれるという環境に比べて劣る点ですね。

Student Pilot Courseでは100m程度落差があるテイクオフからのフライトをすでにしています。これを高高度フライトと呼ぶかどうかは微妙なところですが、クアラルンプール近郊でアクセスしやすいフライトエリアはどこもこの程度の高度。あまり気流が激しくなければソアリングできると思うのでそろそろ自分の機体を買いたいと思っています。

もちろんレンタルでもいいのですが、今の私に必要なのは少しでもグライダーに触る時間かなと思っています。飛ぶこともいいけどグランドハンドリングの練習をしたい。グラハンだけならインストラクターなしでも(いたほうがいいのは当たり前ですが)できるし、わざわざ片道1時間もかけて移動する必要もなく自宅の近くの空き地でできるのではと思っています。そのためにも自分のグライダーがほしいです。

色々なスクールやフライヤーのかたのブログを拝見すると大半のかたが初心者はグライダーは中古ではなく新品を買うことを薦めておられますね。理由は

  • 初心者レベルの機体は使う人も初心者。結果的に初心者がよく行うグラハンの練習で使用される時間が長いので、痛んでいる可能性が高い。ただし初心者では耐久性を充分有しているかどうか判断ができない
  • パラグライダーの性能や安全性は日進月歩である。(例えば)5年前のグライダーと最新のグライダーには明らかな差があり、より安全で操作の易しいグライダーは新しいものとなる
  • 中古は自分に合うサイズのものがタイミングよく買えるか分からないし、どのような使われ方をしたのか信頼性も低い。加えてそんなに安い料金で買えるかどうかはケースバイケースで、さらには多くのスクールでは外部で買った(特に中古)グライダーを受け入れてくれない

一方で一番初めのグライダーは中古でもいいという考えの人もいます。

  • 初心者が選ぶグライダーは安全性に飛んでいるが性能は悪い。うまくなるころにはより性能の良いグライダーに乗り換えることが多い。すぐに乗り換える前提であるならば、初めは中古でお金をセーブしておいて、早めに二機目にのりかえるのが良い
  • 初心者の練習はグラハンが多く痛みやすい。どうせ痛みやすいのだから新品を買うのはもったいない

どちらもそれなりの理由があります。新品を薦める最後の理由が一番重要ですね。いくら安く状態の良い中古があったとしても結局高かったりスクールで使用が認められなかったらどうしようもありません。こればっかりは通うスクールで相談して決めるしかないでしょうね。

私の場合は、スクールではないので自己責任で新品、中古どちらにするか決められます。私はまだグライダーの良し悪しを見分ける自身はありませんが、幸いインストラクターはそれが見分けられる人。価格もグライダー/ハーネスなどセットで20万円を切るぐらいの相場だということなので、私は初めのグライダーは中古にしようと思っています。またきまっていないけれどこの写真のグライダーが候補の一つです。

photo

早くまた飛びたいですね

カテゴリー: ライセンス取得まで - マレーシア パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)