Student Pilot Course 2日目 (1~2フライト)

2015年3月21日

2日目は土曜日で週末でもあり、タンデムの体験フライトのお客さんの予約も入っているインストラクターの都合もあって練習場所は昨日とは違うBukit Jugraに変更.距離はそんなに変わらないけどちょっと道が入り組んでいるのもあって車で1時間半ぐらいかけて到着.Bukit Jugraは海岸から1キロも離れていない場所にある高台で海風がよく入る場所です. 残念ながら今日は写真が一枚も取れなかったんだけど,テイクオフの高度は約100mぐらい。ランディングは10m程度なので高低差は90mしかありません。

ランディングエリアはサッカーグランドより大きいぐらいの広さでこれだったら十分降りれるだろうなという感じ. テイクオフには大体11時過ぎに到着しましたがすでに10人くらいのパイロットと10人くらいのタンデムのお客さん.それとおそらく見学に来ている人が10人くらいと結構な人数が集まっていました. 上手なパイロットの人やタンデムが何人か飛ぶのを見て、気持ちよさそうだなぁとのんきに構えていたら、に急にインストラクターからじゃあ飛ぼうといわれる・・・

日本のスクールだとたいてい初フライトは緩斜面で数m浮くか浮かないかとのころを飛ぶというかちょっと浮遊する程度なのに、いきなりここから一人で飛ぶの?と驚いたけれど、怖さより楽しみの方が上回ってすぐに飛ぶと答える.Student Pilot Courseでは本当はタンデムフライトを一度経験してからソロに移るらしいんだけど,私はもともとグライダーパイロットでもあるので,空を飛ぶのがどういう感じか知っているだろうと言うことで省くことになりました。 昨日教わった通り脇をしめてグライダーを立ち上げてブレークコードにテンションを感じながらテイクオフ!空中は思った以上にふわふわする感じで操作をしても反応するまでちょっと時間がかかるかなという感じ.もともと高度差はあまりないのですぐにランディングに向かい着陸態勢に入る.無線の誘導と自分の感覚を合わせながらフレアをかけて無事に着陸.初フライトはあっという間に終わってしまいました. すぐにグライダーを片付けて次に降りてくる人にランディングを広くしてあげる.何人か降りてくる人が集まったら車に乗り合わせて再びテイクオフへとあがりすぐに2回目のフライトの準備へ.

しかし2回目のフライトで色々やらかす.まずはテイクオフ.グライダーが立ちあがった後は握っていたAライザーを離してあげるんだけど,ここでブレークコードを緩めてしまい,コードにテンションをうしないグライダーに空気がしかっり入っていない状態のままテイクオフにむかってしまったのでいわゆるスタ沈をしてしまい、数mしたの斜面へ墜落しました(汗)

インストラクターは英語で「Kill!」と止めてくれたらしいのだけどそれに気付かず行ってしまった自分が悪い.でも大きなけがもグライダーを傷つけることもなく無事だったのがよかったです. 気を取り直してテイクオフのやり直しへ,こんどは上手くテイクオフできたけど,ランディングでやらかしました.私はちょっと高めだけどこのまままっすぐ行こうとしたのに対して,ランディングにいた他のインストラクターは右に曲がれと.今からまわすほど高度はないのにと不安に思いつつも指示に従う.しかしなんとその後インストラクターからはまったく指示が来ず、危ないと思った私は急きょ左旋回をしてラングディング方面に機首を戻すが,急旋回だったのでもうすこしで木にひっかかるところだった.なんとか木はよけたけど目の前には吹流しを立てている鉄のポールが!直撃は間逃れたものの,足が地面に着く直前にコードがポールにひっかかる。今回も怪我もないし,グライダーも無事だったけどかなり危ない目にあいました。

後でテイクオフに戻った時に担当のインストラクターに言われたのが,今回は無線誘導のインストラクターの判断ミス.自分の判断通りまっすぐ進めべきだったと言われた.まだどれくらいの沈下率・パス角で降りていくのかが全くつかめてないのが悪いのだけど,飛ぶ前はあんなに大きく感じていたランディングエリアがすごい小さく感じました. とりあえずこれにめげずに頑張って練習したいと思います.

1本目: 12:15-12:17
2本目: 13:02-13:04
トータル時間 0:04

カテゴリー: ライセンス取得まで - マレーシア パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)