ライセンス取得にむけて - スクール選び 2

前回スクールを選ぶ上で考慮する条件として以下の4つをあげました。

  1. JHFのスクールであること
  2. 片道2時間程度で通える場所
  3. フライト確率がよく、ソアリングも楽しめそうなところ
  4. インストラクターが信頼できるところ

この内4番目は正直なところ直接スクールを訪ねてお話しさせてもらうということをしないとなかなか評価はできないので、ネットでも充分に情報収集できそうな1-3を元に調べてみたいと思います。ネットの情報を元に日本帰国後にすむ東京近郊(関東/東海)のスクールを以下のようにまとめたみました。

住所スクール名JHF/JPA時間備考
埼玉埼玉こまちパラグライダースクールJPA110
堂平スカイパークパラグライダースクールJHF100
登谷山パラグライダースクールJHFSiteなし
スカイパーク毛呂山JHF75ライセンス所得コースなし
神奈川YSC箱根パラグライダースクールJHF130
ASTフライングスクールJHFSiteなし
茨城エアパークCooJPA85
新治こまちパラグライダースクールJPA80
やさとパラグライダースクールJHF90
イーストジャパンアウトドアスクールJHF80
ソラトピアつくばパラグライダースクールJHF100
スポーツオーパカイトJHF90
NASAJHF85
栃木アカイワパラグライダースクール宇都宮JHF120
スカイトライアルJHF150
スカイパーク宇都宮JPA120
KPS那須高原パラグライダースクールJPA200
静岡朝霧高原パラグライダースクールJHF130
ウイングキッス朝霧JPA140
朝霧ネイチャーランドJPASiteなし
浜名湖パラグライダースクールJPA190
伊豆フライトハウス230
今井浜フライングスクールJPA220
群馬群馬パラグライダースクール草津温泉校JHFSiteなし
MACパラグライダースクールJHFSite情報不足
妙義スカイパークJHF130
トップフィールドパラグライダースクールJPA140
グランボレパラグライダースクールJPA150
榛名町パラグライダースクールJHF200

この表が100%正しいという責任は持てませんので参考情報としてみてもらいたいのですが、時間はGoogle mapでの首都高から現地までの所要時間としています。いくつかのスクールは専用Websiteが作られていないのかサイト見つけることができませんでした。

まずはこの表から

  • 専用Websiteが存在し、スクール概要が確認できるところ
  • 片道150分以内

を条件にスクリーニングしました。JHFでもJPAでもこだわりがないという人はこの条件でいいかなと思います。私はさらにJHFのみと考えているのでさらにスクリーニングすると9つに絞ることができました。

これで条件1と2はOKとします。

カテゴリー: ライセンス取得まで - 日本 | タグ: | 2件のコメント

ライセンス取得にむけて - スクール選び 1

パラグライダーを始めた当初の予定は

  1. 赴任中のマレーシアでライセンスを取得。グライダーは中古。
  2. 日本に帰国後ライセンスを書き換え。新品のそこそこ性能のよいグライダーに乗り換え。

という事を狙っていましたが、そうはうまくいかず現実は

  1. マレーシアではライセンスは取得できず。中古のグライダーは購入
  2. 日本に帰国後1からスクールに通う必要あり。

問題となるのはスクール選びとグライダーの購入です。マレーシアでライセンスを取得できていればXC証のためにスクールに通う必要性はあったかもしれませんが、基本的にはビジターとして好きなときに好きなところで飛ぼうかと思っていたのですが、スクールに通う必要が出てきたので、いいところを探さないといけません。しかも、グライダーの乗り換え予定はP証取得以降だと想定していたので、1からスクーリングをするということはそんなに性能を重視した選択はできない。

一番よいのは今もっている中古のグライダーをそのまま使わせていただいて、NP証もしくはP証くらいで乗り換えるということですが、スクールではグライダー販売が重要な売り上げなので余りよい返事が聞けなそうと予想。

まずは中古グライダーを使わせてもらえるかどうかの条件はまず忘れて、それ以外の条件でスクール選びをしたいと思います。私が考える条件は

  1. JHFのスクールであること
  2. 片道2時間程度で通える場所
  3. フライト確率がよく、ソアリングも楽しめそうなところ
  4. インストラクターが信頼できるところ

1番目のJHFのスクールについてこちらを参照ください。JPAが嫌といっているのではなくJHFのほうが大会に出たり海外で飛んだり記録を申請するには有利かなと思うためです。

2番目は言うまでもなく良いスクールでも通える距離でないと大変という単純な理由。車は買う予定なので電車でスクールの最寄駅までいってそこからピックアップしてもらえるという条件は必要ないと判断しました。

3番目はマレーシアで身にしみて分かったことだけど、飛べる気象条件がそろうというのは非常に重要だということ。パラグライダーは晴れているだけでは飛べません。無風でも逆風でも飛べない(飛ばなくはないが…)。ちょっとうまくなってくるとただ飛ぶだけではつまらなくなり、リッジなりサーマルなりでソアリングできる環境も必要。マレーシアでは季節によって風向きが180度変わるので一年中飛びやすいという気象条件ではなく(もちろん海風なども入るのでまったく飛べないというわけではないが風待ちが多い)、またちょっと晴れて日射がさすと積乱雲が発達しやすいという条件で一日中飛べることは余りありませんでした。それがモチベーションをさげたという事実があるのでなるべく条件のよいところにいきたい。

4番目は学生のころグライダーの練習をしているときも、マレーシアでパラグライダーの練習をしているときもいつも感じるけれど、インストラクターにもピンからキリまであるということ。確りとした知識と経験をもち、なおかつ同じ空を飛ぶ仲間としてフィーリングが会う人がやはりいいです。

この4つの条件を元にどのスクールが自分に適しているか考慮していきたいと思います。

カテゴリー: ライセンス取得まで - 日本 | タグ: | コメントする

マレーシアでのライセンス取得断念

昨年の夏以来、長い意間ブログの更新をしていませんでした。理由は純粋にフライトできていないためです。マレーシアでは昨年は10月ぐらいまでひどいヘイズが続き、パラグライダーどころか外出さえも見送りたくなるような天気が続きまったく練習することができませんでした。

年末くらいには収まったものの、ヘイズが落ち着いたと思ったら娘がマレーシアの学校(インターナショナルスクール)に馴染めないから嫁と娘だけ先行帰国するかどうかという議論が続き、不登校(不登校というか幼稚園なので不登園)ぎみの子供の相手を一日しなくてはいけない嫁の体力と精神力が限界を迎えていて、週末にじゃあパラグライダーいってくるよと好き勝手できない状況にも成りました。

2016年になってからは娘もだいぶ学校に馴染み、冷静に考えるとパラグライダーをやるのがそんなに難しいという状況ではないとおもったのもつかの間、今年のヘイズがそろそろ始まってきました。まだ健康に影響を与えるようなものではないですが、気持ちいいものでもない。

それにブログでも書いたのですが、やはり安全性について疑問を抱くようになりました。マレーシアでは習うより慣れろを前面に出し、またインストラクターがついているとはいっても特になにか指導してくれるわけではなく、すべて自分の判断が悪かったとはいえ、まだ10回くらいしかフライとしていない段階で場外着陸をしているようでは近い内に大事故にあうなと考えるわけです。

ここは確り安全を意識してやり直さなくては。それが私の結論でした。

というわけでパラグライダーをやめるのではなく、マレーシアでフライトするのはやめて日本に帰国後にしっかりスクールに通いたいと思います。マレーシアでは引き続きグラハンの練習はできる限りしたいなと思いますが。

カテゴリー: ライセンス取得まで - マレーシア | コメントする

久しぶりのヘイズ

マレーシアには2014年の10月に赴任してきたけれど、それ以来最大規模のヘイズを体験中。
マレーシアではヘイズは大体4月~10月にかけてインドネシアで行われる焼畑が原因で発生する。去年赴任したのはヘイズの季節も終わりかけのころで、それに加えて連日のように夕方は雨が降っていたのでほとんどヘイズはみられなかった。

今年に入ってからもちょっとどんよりしているというのはあったけど、煙くさいにおいまで感じたのは今日が初めて。

Haze

いつもはビルの向こうに山が見えるのだけどまったく見えない。雷雲のせいで視界がまったく利かないというのは何度かあるけど、こんなにひどいヘイズははじめて。

ヘイズの度合いはAir Pollution Index(API)という数値であらされていて

API_level

100を超えると注意が必要というレベルになるが、昨日から100を超えているの黄色ゾーン。
屋外活動はなるべく控えましょうという感じでこれが赤色のゾーンになると子供とかは外出禁止になる。

健康な人でも眼がかゆいとか鼻水がでるとか花粉症に似た症状がでるようで、ご多分にもれず私も眼がかゆくてたまらない…
パラグライダーは自然を楽しむというのが醍醐味のスポーツだからこんな状況では飛びたい気持ちは全然起きないので、早いところヘイズの季節がおわってほしいものだ。

カテゴリー: ライセンス取得まで - マレーシア, 視程 | コメントする

なかなかフライトできるチャンスにめぐり合わない

イスラム教のラマダンが終わってからもう1ヶ月以上たつけど、まだ一回も飛べていない。理由はインストラクターの都合、自分の都合(一週間日本に一時帰国していた)、天気と色々あるのだけど、最近天気のコンディションがあまりフライと向きではないがする。

クアラルンプール近郊では南~西むきのフライトエリアが多く、季節風の影響でたいてい南西の風となるので、それだけ見れば悪いわけではないのだけれど、安定した風が入ってくるのは海風が強くなる10時から11時過ぎ。でもそのころになると時には積雲が発達して積乱雲になり雷雨となることもしばしば。

4月から7月くらいまでは雷雨になるにしても、たいてい夕方帰宅時間の直前くらいから早くても午後3時を回る頃だったので、海風が安定してから5時間くらいはフライトができるコンディションになるのが平均的な一日だった。それが8月にはいってからは雷雨の始まる時間が早まってきている感じかな。今日は朝からどんよりした気分で2時には雷をともなう土砂降りの雨が始まっている。

もちろんそれも含めてスカイスポーツなのだけれど難しいものだねぇ。熱帯地方だと青い透き通るような海を見下ろしながらの海岸線のフライトとかもあこがれたりするんだけれど、マレーシア(西海岸)では海は汚いし(笑)

カテゴリー: ライセンス取得まで - マレーシア | コメントする